ちょっと前に起こった「東日本大震災」では、様々な場所で停電になりましたよね。また緊急時だったために事前に何も準備をしていないせいで、点灯から電池と懐中電灯が売り切れにもなりました。

 

その後の「計画停電」の影響もあり、懐中電灯・ランタンなども入手することが難しくなっていました。あのときに感じたのは「電池が無いと困る」と言うことです。

 

そんな緊急時のためにおすすめなのが、日本文化センターの「回して点灯ぐるぐるライトDX」です。この「回して点灯ぐるぐるライトDX」は電池を使用しなので、電池を買っておく必要もありません。電池は使わないと液だれをしてしまいますから、沢山の量を購入しておくことができませんよね。

 

 

ですから「回して点灯ぐるぐるライトDX」のような電池を使用しない懐中電灯はとても便利なのです。使い方はとっても簡単です。使用時にハンドルをグルグル回すだけです。ハンドルを1分間回すだけで、30分間使用することが出来ます。

 

この手の懐中電灯で気になるのは「明るさ」ですが、この「回して点灯ぐるぐるライトDX」は「3灯式発光ダイオード(LED)」ですので、明るく長持ちなのが特徴です。ですからとても経済的なのです。

 

気になるお値段ですが「回して点灯ぐるぐるライトDX」2個セットに、なんと「防水グルグルライト」が2個ついて9800円です。「防水ぐるぐるライト」は、雨の日・雪の日・水周りでも使用できますから、お風呂場などに置いておくと急な停電時にはとても便利です。また4つありますから、各部屋に置いておくこともできますよね。

 

災害は急にやってきます。そんな災害時のためにも「回して点灯ぐるぐるライトDX」を用意しておけば安心なのではないでしょうか。

 

 

詳しい説明はこちら

ページ上部に